らくらく緑化計画。

陽当たりのいい職場の庭を空けたまま使わないなんて勿体無い! なんて言ったところ、成行きで野菜を作る事に。

ヤマを超えるまでもう少しだ頑張れ〜(>人<;)



皆様、残暑お見舞い申し上げます*\(^o^)/*

私はですね、何を血迷ったかフルマラソンにエントリーなんかしたもんで、
普段1時間で走っているコースを4往復すればいいんでしょ楽勝だろ、
4時間切らないと恥ずかしいよねとかのたまってたんですが、
先日、コースを下見ついでに走ってみましたところ、折り返しまだかよ?むっちゃ遠いやん!と、
エライ事に手を出してしまったと途方にくれつつ、電車で帰ってきたりしてた訳ですが(笑)

ちょっとこのままではマズイってんで、とりあえず完走( |д・) ソォーッ…4時間で …)を目標にですね。
日中はジムで、早朝夕方は屋外でテレテレ走っているのです。はあ~忙しいε-(´∀`; )

ブログ更新をサボっていた言い訳はコレぐらいにして。
トマトさんたちは連日の猛暑の中バテ気味、それもその筈液温が33度とかなってるんですな。
8/1、8/6の写真と比較してみます。


8/1 全景


8/6 全景


8/10 全景


ぜいたくトマト 8/1


ぜいたくトマト 8/6


ぜいたくトマト 8/10


上:フルティカ、下半分:ぜっぴん!トマト 8/1


上:フルティカ、下半分:ぜっぴん!トマト 8/6


上:フルティカ、下半分:ぜっぴん!トマト 8/10 



とまあ、アチコチに枯れた葉が目立つようになってきてて、
一時は1日200Lぐらい吸い上げててヒイーッ(*゚Д゚*)ェ…だったのが、今100Lぐらいかなあ。
8月に入ってから、液温が平気で30℃超えちゃうようになってからは見る見るうちに根が褐変。


8/9 フルティカを下から

特にぜいたくトマト、持ちこたえてはいるものの、
高温障害のせいか、花落ちが目立ちますかねえ。






一方、余りの液肥の消費についていけず、
お盆あたりで撤収を予定しているフルティカはというと、


何故か新しい白い根が増えつつあるという…暑さに適応してきてるってことなのかなあ。
花落ちもしてるけど、それよりも着果してるものの方が多い印象。
でも、それが美味しくなるのかはわかんないですけどね。

今はすっかり、根が水没しちゃってるんですが、
台風が来てた頃は立根がバリバリ出ててたんですが、
晴れるようになってからはあっという間に…
大型のタンクだし、排水の落としこみで冷却効果もあるからそこまで液温は上がらない筈。
なんて目論見でしたが、甘い甘い!
タンクの下にすのこ、断熱材で囲い込み、
日中は凍らせたペットボトル投入とかやってかないとダメなのかな。
そこらへんは来年の課題でしょうか。



えー、こちらは水遣りこそ欠かさないものの、
忙しさにかまけて、細かいところまで面倒見切れてないエアルームの状況。

8/10 右下の株だけ元気で~す

左上:ぜいたくトマト 中央上:Ever Green 右上:Great White
左下:Costluto Genovese 中央下:Kellogg's Breakfast 右下:Japanese Black Trifelle
の筈なんだけど、もう何がなんだか。
右下の株はタグを見るとJapanese Black Trifelle(洋ナシ形)なんだけど、
実を見る限り、違うっぽいんだよなあ。
採種だけさせてくれたらいいのと完全に投げやりになってますが。



こちらは塩投入実験のぜいたく&ぜっぴん!トマト。


挿し木の根が出るまでは…てんで、まだ塩投入してないんですが、
EC2.6の培養液、液温34超だというのに真っ白の根が伸びてます。
当たり前か、茶色い根が出てくるわけじゃなし。
で、コレは別記事にて詳細を。

トマト食べて頑張っていきましょう!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ



にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

Comment

ICHIパパ says... ""
ICHIパパです。
ランナーなんですね。スゴいです。

今気付いたのですが根元は高さも考えて
二本仕立てにされているのですね。
どのトマトの樹も、綺麗にトマト棚付近で素敵です。

ぜいたくトマト、実力以上に着果&肥大しちゃって
成り疲れましたかねぇ。

うちもショコラが最大400gのがビシバシ成りましたが
オーバーペースだったようで今は、ほぼ葉っぱだけですね。


2015.08.12 12:29 | URL | #- [edit]
ramonart says... "ICHIパパさんへ"

> ランナーなんですね。スゴいです。

とてもランナーなんて体躯じゃないんですが(笑)
ICHIパパさんは水泳でしたよね?
私もそっちのが得意だなあ、スピード出ないけど(苦笑)

> ぜいたくトマト、実力以上に着果&肥大しちゃって
> 成り疲れましたかねぇ。

どうだろう、ハイポニカにせよえこりん村にせよ、
一年足らずで9m×9mとかでしょう?(あっちは桃太郎だけど)
ウチのも対してやり方違わないのに、なんであんなにデカくなるんだろう?
やっぱり根圏の管理が悪いんだと思います。
ハイドロ培地も要らない感じするし、栽培層に5cmも液肥貯める必要もなさそう、
最初から放任した方が良さげだなあとも感じますね。

> うちもショコラが最大400gのがビシバシ成りましたが
> オーバーペースだったようで今は、ほぼ葉っぱだけですね。

美味しいのが出来てるみたいでいいよね*\(^o^)/*
それに比べてウチのエアルームは!(悪いのは私の腕ですが)
今ですね、自分の味覚に自信持てなくて混乱してるんですよ〜(>_<)
美味しいのが出来てると思うんだけどなあ。
2015.08.12 22:28 | URL | #- [edit]
ICHIパパ says... ""
あっ、
トマトの器が成長の過程で出来て
その器以上に成ると、その後、
自分で着果不良をするようになる=成り疲れ。
と言う意味です。

確かにえこりん村はじめ、もっと巨木はありますが。

でもハイポニカは8月~6月か、チラー導入。
えこりん村だって涼しい地域ですから、
温度の厳しいところだと敷居は上がりますよね。

あと水位が低いのはどうだろう。
水位が低い方が酸素取得に有利ですが、
根の乾燥や温度に対しては一層弱くなる気もします。

根元にホースがあって上から液肥かけて、
その上から風を当てて気化熱冷却する栽培マシンは
考えたことがありますが(笑)

いや、こんなに暑いなら夏に特化した栽培マシンを。
と、先日も妄想していたけど(汗)

ショコラは品種的に当たりでしたね。
でも、ジャンル違えど、ぜいたくトマトと比較すると、
ぜいたくトマトだったので来シーズンは植えないかな。

あと水泳は結婚してからはやってないですねぇ。
当時は週2回、水&土と25mプール、
それぞれ50往復、80往復と泳いでいたのですが、
むしろ今は面影がないです(涙)
2015.08.13 08:30 | URL | #- [edit]
ramonart says... "ICHIパパさんへ"
> あっ、
> トマトの器が成長の過程で出来て
> その器以上に成ると、その後、
> 自分で着果不良をするようになる=成り疲れ。
> と言う意味です。

うぅ、フルマラソンに適応する為に体重を落とそうとしてる自分みたいだヽ(;▽;)ノ
それとは違うか(笑)

> でもハイポニカは8月~6月か、チラー導入。

水道水が30度前後だもん、何かしらで冷やさないと無理ですよね。
せめてそれ以上に上がらないようにするのはなんとか出来そうな気がしますけど。
断熱&凍らせたペットボトル投入が現実的かなあ。

> あと水位が低いのはどうだろう。
> 水位が低い方が酸素取得に有利ですが、
> 根の乾燥や温度に対しては一層弱くなる気もします。

ウチのマシンの場合、約1.5mにわたってパイプから水の落とし込みしてるから、
それなりに冷却(というか放熱か)効果はあると思うんですよね。
タンクとマシン内の液温は変わらないので、やはり大元をなんとかしないと。
見てる限り、最初から根が溺れ気味に感じるので
試しに片一方水位を下げてみますかね。

> 根元にホースがあって上から液肥かけて、
> その上から風を当てて気化熱冷却する栽培マシンは
> 考えたことがありますが(笑)

気化熱による冷却なら、ICHIパパさんちのマシンの方が可能性あるよね。
金属のパイプで表面に何かしら放熱する素材貼り付けて、遮光&送風すれば…とか。

> ショコラは品種的に当たりでしたね。
> でも、ジャンル違えど、ぜいたくトマトと比較すると、
> ぜいたくトマトだったので来シーズンは植えないかな。

やっぱりエアルームの精鋭といえどもF1には敵わないってことなのかなあ。
まあ、これはもう少し継続してやってみますけど。

> あと水泳は結婚してからはやってないですねぇ。

ぜひお子さんを連れて…って下のお子さんは まだ1歳でしたっけ。
それじゃあ、キビシイか(笑)
やっぱり水の中は気持ちいいもんです。
ICHIパパさんだけでも気分転換にぜひぜひ*\(^o^)/*
2015.08.13 14:57 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ramonart.blog.fc2.com/tb.php/89-f613751f