らくらく緑化計画。

陽当たりのいい職場の庭を空けたまま使わないなんて勿体無い! なんて言ったところ、成行きで野菜を作る事に。

循環装置の考察


8/3の様子

前回の記事はこちらを参照ください。

収穫初期(7月上旬)の実ははち切れんばかりに膨れ上がったものの、
味は水っぽいという印象だった為、品質向上の試みとしてECを1.3から2.0強まであげてましたが、

”作物や成長時期に関わらず、同一組成、同一濃度の肥料を投与”

というハイポニカの解説があったので、7/15頃に再び1.3に戻し、
液肥タンクの藻が酷くなっていたので、一旦空にして清掃、除去した後、蓋を設置しました。


7/20 防藻、液温上昇対策の為、液肥タンクに蓋を設置↑



その代わりに、栽培層の排水口高さを変えられるようにしていたので、
根にしっかり呼吸してもらうべく、排水口高さを45ℓ地点から半分の22.5ℓ地点に下げてみましたよ。
その後7/29、7/30と連日35℃超の猛暑日が続き、天板を外して様子をみると根がまっ茶っ茶!
その時の液肥タンク(80ℓ)の残量は蒸散の為40ℓ未満、
液肥プールMAX102.5ℓの内、栽培層と液肥タンク合わせて60ℓ程度だった訳ですが、
液温は34℃近くを示していました。
栽培層の容量を落とすのはいいけど、
蒸散を考慮した気温に左右されないだけの液肥容量とか、断熱材で遮熱するとか、
液温を保つ為の工夫が必要のようです。



7/30 根が茶色に・・・ 慌てて水位を戻している最中↑


8/3 13:42分↑


8/11 培地より新しい真っ白な根の成長を確認↑



収穫初期は極端に肥大していた実が
株元から離れるにつれ、次第に本来のサイズになってきています。
先日の食レポに書いたとおり、プランター栽培の実と味の差がなくなっているように思います。
寧ろ、水分量多い分だけこちらの方がジューシーと感じるかな。
千果は糖度10程度迄出せるようなので、まだ伸び代は有るんでしょう。


昨年のこの時期は連日35℃超の日が続きましたが、
今年は大して気温も上がらない事が幸いしてか、特に何事もなく成長が続きますが、
ここんとこの悩みは、雨よけハウスの骨組みにカツラ被せたような感じにしたいのに、
株元から天井までのスペースが広すぎて、一向に水平栽培にならない事。
葉かきやら収穫やらで手入れの度に体が当たるとボトボトッと実が落ちる音がします(笑)
また、天井のネットからはみ出た枝に付いた実は、
重みで自然にぶら下がってくるものだとばかり思い込んでましたが、
その他の枝やネットに引っかかる為に、天井の上にまで手を伸ばす必要があります。

それから、容量45ℓの栽培層で何処まで成長するのか全く見当がつきません(笑)




台風11号接近中。早く横にな~れ↑


露地栽培エリアに侵食、スペースが足りてない?↑


8/11の様子、台風のお陰で天井から飛び出した枝葉はどうやら横に撫で付けられた様子。


8/18 夏越しできそうじゃない?


8/18 まあだぜんぜん



今期、循環装置を設置する前に、恐らく沢山トマトが実るだろうけども、
何よりカラスをはじめ、野鳥が沢山いる環境なので、きっとこうなるに違いないと思っていたのですが↓

Poster - Birds, The_02_R

大玉(Taps、300g超)をひとつつつかれた後は鳥による食害と思われる形跡は全く見当たらず。

他にも、ウドンコ発生の為にカリグリーンまみれになるとか、
(発生未確認、気づいて無い?)
サビダニ発生の為に慌ててコロマイトを散布するも時すでに遅しと枯れていくトマトを前に頭を抱える自分、
(発生はしてますが今の所、葉かきのみで対応、循環装置だけ未だ未散布)

などを想像してたのに、最近やたら目立つのはナス科の植物を好んで食べるテントウムシダマシ!
循環装置もですが、奥に置いてあるぺぺ、フルティカが特にやられてます。
一時は茄子の葉を食べ尽さんとばかりに集っていたのが、移ってきたのでしょうか。
コレは住友価格園芸のバイベニカスプレーを散布で対応もイタチごっこが続いています。
それと多分、蛾の幼虫と思われる芋虫による実の食害がありますが、
何せ沢山実がついてますからどうってことないけれど、大玉食うのはヤメテくれよ~(>人<;)
なんかいっぱい卵産みつけてるし。

あ、今スルーッと目前を通り過ぎたのはスズメバチだったような・・・




ミニトマは良いけど、大玉(ぜいたくトマト)食べるのはヤメテくれよ~(^_^*)



まあ、なんとか栽培は出来ているんですが
一番困る事は液肥を作る為に水を出す時間がかかりすぎる事でしょうか。
30ℓ〜50ℓ貯めるのって結構時間がかかるんです。
なので、雨水貯留タンク置きたい〜⊂((・x・))⊃と只今駄々を捏ねている最中です(笑)

そして、来年は循環装置組み込んだ屋外テーブルをつくろうかなと企んでますがどうなることやら。

"らくらく"とタイトルで謳っておきながら段々メンドクサイ事になってますが(笑)
省力化は味や収量と同じく重要なテーマなんで、改善していきたいと思っています。



にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

Comment

bigtomato says... ""
今の時期にサビダニにやられてないとはスゴイですね! しかもコロマイトしてないとは(゜o゜)

水平栽培にもってゆくには定植口と棚の距離が60-90cmくらいが良いような気がしますよ!
写真のトマトドームで言えば、一番下の横支柱の高さに支柱を渡して棚を組んでやると良いかも?
または、装置の高さを上げてやるか・・・。
収穫やメンテのこと考えると装置の高さを架台で上げたほうが良いような気がします(^・^)

>容量45?の栽培層で何処まで成長するのか全く見当がつきません(笑)

このトマトドームの2個分くらい?の面積は楽勝じゃないでしょうか!! いやそれ以上行きそうな気もしますよ?

>30-50貯めるのって結構時間がかかるんです。

ウチでも45リッター貯めるのにやっぱり3、4分はかかりますね。
その間原液投入したり、カルキ抜き入れたり、循環装置のEC計ったりしてるとちょうどいい具合に溜まってるって感じです(笑)

>来年は循環装置組み込んだ屋外テーブル

これは是非!!
パラソルの代わりにトマトの屋根!! 
私もこれは前から考えてるんですよね!
デッキの上にパーゴラ作ろうかと思ってるくらいですw

>省力化は味や収量と同じく重要なテーマ

ですねー ホントこれが大事。
続けるためには最重要テーマですね。
来期はramonartさんに色々ヒントをいただけそうで楽しみです(^・^) 頑張ってくださいねー!!
2014.08.21 18:16 | URL | #- [edit]
bigtomato says... "追伸"
そういえば、ramonartさんとこにリンク張るの忘れてました。
今から張っておきますね(^・^) 今後ともよろしくです。
2014.08.21 18:21 | URL | #- [edit]
ramonart says... "bigtomatoさんへ"

リンクいただき光栄です(^_^)
ウチもそろそろ参考にさせていただいたブロガーさん達に御礼参りに行かないと。
でも、勝手にリンクしていいものか迷いますね。

昨年より参考にさせて頂いている水耕栽培関連商品の業者さんのブログがあるんですが、
興味深い記事が沢山あるんでもし未見でしたら是非ご覧になってみてください。

http://desktopfarmer.blogspot.jp/search/label/pH値%2FEC%2FCO2など環境条件

> 今の時期にサビダニにやられてないとはスゴイですね! しかもコロマイトしてないとは(゜o゜)

本当おっかしいですよねー。
枝葉の褐変は所々見られるし、間違いなくいるはずなんですが。
他のブロガーさんとこ見ててもサビダニに限らず、
アブラムシだウドンコだと色々苦慮されてるのにウチはなんか特異な環境なんでしょうか?(笑)
なんかテントウムシダマシ君、サビダニごと葉を食べてるんじゃなかろうかという気がしてます。

それはともかく、水耕について訝しげにしていた上司も現状を見て感心したようで、
どうやら月額3,000円の園芸予算に獲得に成功した模様です(≧∇≦)
なので、来期は現在の雨除けハウスは奥にやって本来の使い方に戻し、土耕でエアルームを。
現在の循環装置の所に、単管パイプで屋根の骨格を作り、
その下に循環装置を組み込んだダイニングテーブルを設置、みんなでBBQと目論んでますよ〜(^o^)/
チマチマ設計図をUPするつもりですのでああすべきこうすべきとツッコミいただけると幸いですm(__)m




2014.08.22 00:30 | URL | #- [edit]
bigtomato says... ""
>昨年より参考にさせて頂いている水耕栽培関連商品の業者さんのブログがあるんですが、
>興味深い記事が沢山あるんでもし未見でしたら是非ご覧になって>みてください。

前に一度見たことがあるんですが、改めてじっくり見てます(^・^)
なるほど参考になる記事がたくさんですね!! 勉強になります。
ありがとうございました(^・^)
2014.08.22 17:21 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ramonart.blog.fc2.com/tb.php/31-2deb3c9c