らくらく緑化計画。

陽当たりのいい職場の庭を空けたまま使わないなんて勿体無い! なんて言ったところ、成行きで野菜を作る事に。

ウチのトマトご紹介 その2

今回はエアルーム6種の経過です。
(Costoluto Genovese、Ever Green、Great White、Kellogg's Breakfast、San Marzano From Italy、Taps)

美味しいトマトの作り方を調べたら、永田農法がイイらしいって事で。
昨年より自費で、トマトがぁー、水耕がぁー、なんてやってたら、
経費で雨よけハウスを買ってよいことになり(笑)

早速、元の芝生を剥いで、有機石灰と土壌改良材をキッチリ指定量加えて耕した後、
その上に、ナフコの10リットル60円位の土を40袋使用して、
1.5M×0.9Mの高さ30cmの畝を作ってマルチング、株間は50cm間隔で育ててみました。

但し、

永田農法で使用する珪酸カルシウムは、有機石灰施してるし、新しい土だからいいだろう、
住友液肥の代わりに、ハイポニカでいいだろうとしました。


5月の連休前に定植と思ってたら、4/3だったようです。





茎も力強く、葉も大きいし、うまくいくに違いない!と思ったのですが、
次第にメガネ(茎割れ)、落花、窓空き果、チャック果、尻腐れ果など、
主に窒素過多によると思われる症状が多発します。


20Φイボ竹より太いじゃーんなんて喜んでたなぁ( -_-)


次々と着果もことごとく・・・


これらを抑える為に、潅水も控え、脇芽放任とし様子を見てるうちに、
天井に到達してしまったので、雨除けを外したのが恐らく5月の末ぐらい。





参考にさせていただいているブログ, 水耕野菜生活、イイネのbigtomatoさんに教えていただいた
アブラナ科の植物を植えるといった方法や、リンカリ肥料を施肥してバランスを取る等考えましたが、
結局何もしないで様子を見ることに。
6月下旬までまとまった雨も降ることなく過ぎ、
出来うる限り、永田農法に近い形で本日までに6種中5種が何とか収穫できました。

まずはTaps。
オマケでいただいた種なんですが、唯一、これだけが綺麗に育ちました。
カテゴリーはピンク、400gから800gの実が非常に沢山生るとの事。
実際、第一花房に5つ程生り、花房の上でイボ竹に固定していたがために自重で折れてしまい(苦笑)
それ以来調子を落としていますが、未だしぶとく着果をしています。


6/12初収穫。


後に3つ程収穫、平均で300g程度はあると思います。


調べる限り、ゼリー部はかなり少ないようです。


カラスに食べられてしまい・・・(左はコストルートジェノベーゼ)


次はコストルートジェノベーゼ。
露地栽培に加え、バケツを使った簡易水耕と水畑という市販の水耕装置でも作っています。
露地植えの方は3つ4つ採れたぐらい。
次々に着果するものの殆ど尻腐れの為、写真を撮っていないので、
水畑というぶくぶく装置での栽培の様子です。
6月中旬に初収穫、味が薄かった為、それまでEC1.3だったところを2.4程度にあげて、
7/02収穫時に糖度測定したところ、6程度でありました。
味に定評のある品種ですが、育て方が悪いのか、普通のトマトって印象の域をでないですねえ。
本日、作業中に日がさした時ふと見てみるとシオシオに・・・
まさかこれは(苦笑) ハサミ使ったのがまずかったん?


5/10


5/31


6/14


6/14


6/29


7/02


7/02


7/08


7/08


7/15 液肥もある、ECも適正、ぶくぶくもしているが…

お次はグレイトホワイトとケロッグスブレックファーストを。
散々、障害が出たせいでようやく1つずつの収穫です。
6月下旬、まとまった雨を浴びたせいで傷だらけになってしまってゴメンよ~
糖度計を入手してその頃より測定しておりますが、
露地で栽培したものはすべて4あるかないかを示しています。
つまり、酸味がない、甘味もない、殆ど味がない(苦笑)(苦笑)(苦笑) ←クソークソークソーと読みます。
しかし、この2種はアボカドのような口当たりがあって、キチンと育てる事が出来たのであれば、
どんなに美味しいだろうかと期待が膨らみます。
切り口の美しさといったら! この透明感に癒されてしまいます。

ウチで栽培している品種は選りすぐりのエリート種さん達なので、
本来の実力を発揮していただくべく、最後の写真のようにして再出発です。

7/02.1
7/02

7/02.2
7/02


7/10





ごめんなさい、サンマルツァーノは写真撮ってなかったです。
これは5つ6つぐらい採れたですかね。まとまって収穫とはいかなかったので、
単体の味を確かめることなく、千果さんやぺぺさんと一緒にピザソースやらミネストローネになってました。

さて、残るはエバーグリーン。
ようやく尻腐れも収まり、続々と肥大しています。
台風が来るって!どうしよう~なんて言ってたら、
その前に、またしても自重で地面に寝そべってました。

一番下の実がもうすぐ収穫できそうですが、
多分、酸味がない、甘味もない、殆ど味がない(苦笑)だと思われます。(爆)


7/15 しっかりと誘引してこれで大丈夫。

と、ここまで書いていて、今日初めて尻腐れ果が美味しいらしいって事を知りました。
だったら沢山出来ていたのに~! もう畑の肥やしになっとるわ!


最後に本日の収穫を。


左上:アイコ 左下:イルディ 真中左:こいあじ 真中右:ぜいたくトマト 右上:千果(水耕) 右下:千果(プランター)

お疲れ様でした。

Comment

bigtomato says... ""
いやいやいやいや!
これだけの広い場所で好き放題(笑)できるなんてイイ職場ですねー
おまけに資材も経費で買ってもらえるなんて・・・。
こりゃ本気でやったらマジメに野菜の自給自足できそうですね。
そのうち立派に「農園」と呼べる規模になりそうですね!

色々と障害もあるようですけど、ワンシーズンでこれだけの
規模で栽培していれば経験値も急上昇間違いなしですね。

グレイトホワイト、綺麗な切り口です。
イルディもそうですが、イエローやホワイトのトマトでカレーを作ってみたいです(^・^) 来年はこーいうのもやってみたいもんです。

長い記事、お疲れ様でした(^・^)
2014.07.16 01:00 | URL | #- [edit]
ramonart says... "bigtomatoさん"
本当は釣りにハマるつもりだったのに、いつの間にかこうなってしまいました(笑)
園芸がご趣味の方からみれば絶好の環境なんですよね。
今年は、来年の資材全部経費で落としてもらえるように自費で実績作り(^^)
最近は、休日の午前中も出てきてシッカリ会社に貢献してますよ〜(笑)
割と本気で自給自足の「農園」にしてやろうと企んでたりして〜(≧∇≦)
まあ、楽しく楽しくやろうと思ってますw

そういや、上の水畑でやってるコストルートも青枯れ病になってんですかね?
2014.07.16 08:38 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ramonart.blog.fc2.com/tb.php/22-471bbf6b