らくらく緑化計画。

陽当たりのいい職場の庭を空けたまま使わないなんて勿体無い! なんて言ったところ、成行きで野菜を作る事に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうあかん、やり直そうの巻

わあ、書きかけの記事ほったらかしてたら9/8ですってよ…ヾ(_ _。)
以下、9/3頃にタイムスリップしてお読みくだされー。

酷暑による液温の上昇で根が傷んだ後の台風がよほど堪えたか、
おまけに私の手入れ不届きのお陰ですっかり枯れあがっちゃいました。
やっぱなあ、今年は色々育て方間違えた気がするなあ。



とりあえず、2株とも潰れた原因は液温管理と水位の高さだと思われます。
昨年も液温上昇のせいで根腐れしたけれど、なんだかんだで12月まで大量に収穫できたのは、
排水口の高さを下げて根の多くを露出させたせいだったんだろうなあ。



上の画像は塩投入実験中のぜっぴん!トマトの根の様子ですが、
驚くべき事に挿し木したのは8月初めの酷暑の頃。
液温34度とかだったのに根腐らずに白い根っこなんですよ。
寒いのに適した根、暑いのに適した根ってのがきっとあるんでしょうなあ。

また、33度の液温でも白い根を出していたフルティカの根もそうだったんだけど、
健康な根って水に浮くみたいなんですね。
それから、ブクブクではまだ息苦しいのか栽培装置の側壁に根を這わせてたりするっていう。

まあ、残り三月ほど栽培はできますんで、今の循環装置をですね、
薄膜水耕でちょっとやってみようかなと。

えー、今年のトマトの方は非常に残念な感じなのですが、
最近はマラソンの心配ばっかでですね、別に走ったからって何かいいことある訳ないんですが、
鏡に映る数年ぶりに絞れていく腹回りに歓喜しつつ、
乳首の上に張ったバンドエイドが可笑しくてたまらないとか(笑)

とまあ、無駄に高揚感だけはあって、
こんな↓感じで勝手にトマトも追っかけなきゃ!と思う今日この頃であります(* ̄▽ ̄*)ノ"







以下、残念なトマトさん達の画像集。
塩投入実験中のぜいたくトマト、やはり具合悪いようで撤去。
残り期間の全てぜっぴん!トマトでやっていきます。
画像ありませんけど、ピッコラカナリアが3株残ってますぞ。


1.ぜいたくトマト








2.フルティカ







3.味向上の為に塩類添加しているブクブク装置の様子











にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。