らくらく緑化計画。

陽当たりのいい職場の庭を空けたまま使わないなんて勿体無い! なんて言ったところ、成行きで野菜を作る事に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トマトの生育状況 7/25

うぅ・・・更新サボってたらもうすぐ8月ですよ皆さん!
7月になったらトマトの木の下でバーベキューしてるつもりでしたが、
早植えしたにもかかわらず、トマトの屋根になるほど大して茂りきらず、おまけに雨ばかり。
想像してたイメージに届くのは10月頃なのでしょうか(苦笑)

ではでは、このところの様子をつらつらと。
バケツ土耕のぜいたくトマトとGreat Whiteが収穫。
風でハウス飛ばされた&ビニール張ろうにも台風が通過してくれないことには・・・の為、
結局水切りが中途半端になってしまったんですが、いかがなものか?



それから、ぜっぴん!トマト(水耕)の一番果が収穫。
確か脇芽の根出ししてる時に着果してたヤツで、大して期待はできませんが。
ずいぶん時間かかりましたねえ。



で、お約束の水没テスト。



Great White惜し~い!
これまで採れたエアルームの大玉って浮かべた瞬間にプカプカしてしまってたんですが、
コレは浮くかな?沈むかな?って感じで、結局浮かんでしまったけどちょっと期待できるかも。
ちなみに私の少ないトマト栽培経験の中で、
沈まないってのはエアルーム(イルディを除く)くらいなもんで、
メーカーさんの品種、大抵のトマトは沈んじゃうんもんじゃないかなあ~



糖度測定の結果と食べてみた印象を。

Great White : 5.9、
品種の説明にあるような”まるでメロン、グァバのようなフレーバー”なんてのは一切なし(苦笑)
数人で分けて食べたんですが、どう味わっても只の白い平凡な味のトマト。
やっぱり最後の最後で水切りできなかったのが残念でしたねえ。


ぜっぴん!トマト : 6.1 (初果の為、参考記録)
他の実が太っていく傍で、肥大しきれずに赤くなった実だからこんなもんだろうなあ。
糖度は低いけれど普通に美味しいですよ。 「!」はつかないけど。


いいよいいよ、今年はぜいたくトマトがいっぱいあるもん!

数日前にゲリラ豪雨みたいの喰らったせいで派手に割れちゃいました。
糖度は6.9~7.1程度とまずまず、ただ酸味が全然物足りない感じでして納得いかないかなあ。
沢山作れるようになったのはいいけど、
様々な味のバランスの取れた実が作れるようになるにはまだまだ工夫が必要なようです。

それはさておき、こないだまでタバコガの幼虫めぇ~なんて言ってたんですが、
最近はそれがなくなり、代わりに鳥さん達にちょっかいだされるようになったようです。




そうかそうか、
ウチのトマトもようやく鳥さん達に食べてもらえるぐらいのレベルになったのかわっはっはなどと、
まだ余裕かましてますが、これ以上酷くなるようなら何かしら対策しなきゃですね。



一体、いつになったら梅雨明けするの?ってくらい、グズついた天気が続く今日この頃ですが、
7/23、7/24と比較的良い天気。
特に7/24は朝から強い日差しが差して、夏らしい一日だったのですが緊急事態発生。
やっぱり萎れちゃうんだなあ…
沢山作れるようになったなんて生意気な事言ったそばからこれだもん。

やはり葉や実の茂りっぷりに対して、
主茎が細いのが原因なんだと思うんですが、皆さんはどう思われます?

そんな訳で、7月よりECを2.0で管理してたところを7/24の朝に1.3に戻しました。



7/24、朝


7/24、夕


7/25、15時


7/25、19時





ぜいたくトマト 7/24、朝


ぜいたくトマト 7/24、夕


ぜいたくトマト 7/25、15時


ぜいたくトマト 7/25、19時






フルティカ 7/24、朝


フルティカ 7/24、夕


フルティカ 7/25、15時


フルティカ 7/25、19時





一時はフルティカ逝ったか?と思いましたが、お蔭様で何とか持ちこたえてるようです。
不思議なもんで、日中日差しの強いときにホースで水撒いてあげると復活っていう(笑)
しかしこまったなー、EC上げれないじゃん…
でもさ、これって逆に言えば水切りしてるのと同じ効果があるんじゃないかしら?等と、
甘~い甘い期待を寄せながら、
今夜の台風を無事に越してくれますように。。。





にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

台風が来る前に。























にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村




トマトの生育状況 7/10

ようやく7/9、7/10と晴れが続き、トマト棚の横揺れ対策を一気に。
6月末辺りに収穫出来た実は、糖度5〜6程度と振るわず、
ECを1.3固定から2程度に上げて、様子見中。
これまでの雨続きの中、時折晴れ間が出た際には萎れてたりしてたので、
昨日今日とドキドキしながら見てましたが、なんとか大丈夫そう(^ー^)ノ



まずはぜいたくトマト。


上の写真は7/10の朝に撮ったもので、日中はもっとしんなりしてますな。
えこりん村のブログを見ても、やはり同じような事が起きるようですし。

でもね、


株元からの主茎は細いのに…


棚付近の側枝はこんなんばっか…

太い側枝が幾つもあるのに、主茎があれだけ細いままなら、
そりゃあ萎れもするでしょうなあ。
場合によっては、再びECを下げざるを得なくなるかもですけど、
トマト自体が自分で適応してくれると思ってます!



まだ全然、余裕があるなあ。

散水に20㎜の塩ビ管、2.5㎝間隔(全体で160㎝)で穴を開けてあって、
Rio1100で高さ90㎝まで揚水すると、上のような感じになります。

で、ウチは有難い事に家庭菜園につきもののアブラムシ類やうどんこ病など縁がなく、
鳥害も無いし、今のところサビダニも来ていないという超恵まれた環境なのですが…


ぜいたく&ぜっぴん!はタバコガに確実にヤラレてしまいます(−_−#)



次はフルティカの様子を。
こちらも萎れが若干出てるかな。でも勢いが凄いですね。


↑下側のはぜっぴん!トマト(水耕)。


フルティカの根の様子。やけに茶色く写ってますけど、特に問題無し。



最後にエアルーム。
再度、雨除けを行なっていきます。
ビニールかけるのは台風が去ってからにしようかな。






にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。