らくらく緑化計画。

陽当たりのいい職場の庭を空けたまま使わないなんて勿体無い! なんて言ったところ、成行きで野菜を作る事に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強風、撤収、エアルームとぜっぴん!二番果&三番果他

今回はですねえ、梅雨の季節でもありますから、
ジメジメジトジトといった感じで綴っていきますよ(・ω・)ノ

まずはここ1週間の出来事を。
6/26、福岡県筑後地方は大雨の予想だったはずが、たいして雨は降らず、
代わりに予想外の強風が吹いた結果…


ぜっぴん!トマトの鉢がひっくり返り。・゜・(ノД`)・゜・。


ぜいたくトマトの大枝が1本持っていかれ(−_−#)


なんと!雨除けハウスが千果とイルディを連れて飛んでしまうという…ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3


左:ぜっぴん!トマト 右:フルティカ

よもやのぜっぴん!トマトの一挙収穫となった訳ですが、
せっかく完熟まで持って行こうとしてたぜっぴん!が落下したのも痛いけれど、
枯れこそしなかったものの、千果&イルディの根にかなりのダメージ、
イルディの第一花房が千切れるといった被害が出ていますヽ(;▽;)ノ

それから、周りに何も無いおかげで誰も怪我する事なく済んだから良かったものの、
ハウスごと飛んで行くとか危ないったらありゃしねえ!と大反省( ; _ ; )/~~~
今年は特に、昨年の千果に比べると、ぜいたくトマトの枝が想像以上にズッシリしてて、
縦方向の重さは勿論の事、横への揺さぶりにかなりの不安があり、
何かしら補強が必要だなあと実感する今日この頃です。
皆様もくれぐれもご注意くださいね。



さてさて、エアルームの様子です。

6/29をもってコチラの方は撤収。


San Marzano 2、黄化葉巻病ではなかった模様。沢山実をつけた優秀な株でした。


Ever Green、San Marzano、Ildi、Taps?(←どうもKellogg's臭いんですけど)
花壇の方に植えていた物は脇芽を保存した後、ひとまず撤収しました。

播種、ポットへのタグ付などの作業は同時にアルファベット順にやっていたので、
仕事の合間にやったせいで、前後の取り違いがあったかもなんて思ってたんですが、

Black From Tula、San Marzano、Black From Tula、San Marzano、Ildi、Tapsの並びの筈が、
収穫した実を見る限り、
Black From Tula、San Marzano、Ever Green、Great White、Ildi、Taps?(Kellogg's?)という、
訳のわからない、有り得ないほどの間違いっぷりでして(大苦笑)
ちょっと自分でも信じ難いくらいなのだけれど、出来てしまったもんは仕様がない!
で、食べてみます。

先ずはBlack From Tula。

左:450g、糖度5、中:糖度4、右:糖度2

食べたのは糖度5のもの。
普通にトマトの味はするけれども、説明にあるような特徴も出てないし、
食べた後にのペーっとした嫌な感じがあって思わず吐き出してしまいました…オエー(||| _ _)ノゲロゲロー
糖度2のものを見ればわかるかと思うんですが、切り口が白い時点でなんかもうね…。

リン酸は発根力を高めて根群の発育を旺盛にし、
果実の着色を促進させ、糖度を高めるなど果実の品質にも関係するから、
定植初期からリン酸の肥効を高めるような肥培管理が必要である。
『農家が教えるトマトつくり 農文協 P134』より


結局、窒素過多かそれともリン酸が不足してたか、
とにかく土壌のバランスが悪かったであろう事や、
中途半端なマルチング(傍から雨水が毛管現象で土壌に侵入、マルチが意味をなさない)で、
多湿の為に根が十分な呼吸が出来てなかったって事なのかな。
実際、マルチ剥がした後、皆んな健康的になってたし。

なので、後発組のエアルームは雨除けハウスの中、ドット穴加工した10Lバケツ、
新しい土という環境でやっていて、今は888の化成肥料だけど有機肥料に切り替えて、
それでも上手くいかないようならばもうお手上げだよ〜ヽ(;▽;)ノ

次はEver Green。

Black From Tulaの筈が…


まさかのEver Green・・・

Ever Greenは505g、糖度5ですね。
コレと先に収穫したGreat White(370g、糖度4、尻部分が軟果、中まで侵食の為、写真無し)は、
昨年と違って、香りだけはそれらしき特徴のある感じがしっかり出てました。
取り敢えず、生食は出来るけど、おかわりは要らないといったレベルでしたけれども。

先行組エアルームはしっかり採種、脇芽も保存したので、
これからもう一度リベンジしたいんだけど、雨除けのスペースがあるかなあ。



次、ぜっぴん!トマトです。

左:徹底的に収穫を遅らせた二番果、右:強風で落果した三番果


今回はですね、どちらも糖度7.8~7.9と振るわず…
甘さを上げるのは、トマトが熟す頃にに如何に水を切るかなんだそうですが、

参照ページ : 南信州箕輪町の高機能「ルージュ・フルーツ・トマト」様
トマトが甘くなる理由

このところ、ずっと雨続きでしたしねえ。
でもね、前回のより糖度が大きく落ちたからって全然ダメな事ないんです!
充分、クオリティ高いはず…(強がりに聞こえてしまいますが…)
そこで近いうちにアメーラトマト(糖度7〜8保証らしいですが)をお取り寄せしてですね、
一体どれくらいのレベルのものが収穫出来ているのか検証してみたいと思ってます。

あぁ、ぜいたく&ぜっぴん!(水耕)、フルティカの写真撮ってないや。
後で載せます〜(・ω・)ノ














にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

収穫間近、いろんな意味で食べるのが怖いの巻

エアルーム先行組が収穫間近です。


Black From Tula


Black From Tula…だよね?


名無しの正体はグレイトホワイト。誰だケロッグスかTapsとか言ってたヤツは!


サンマルツァーノ、黄化葉巻病が疑われますが取り敢えず待ってみますか。


ピッコラルージュ、これダメだー味がどうこう以前に殆ど割れてしまうー(´・Д・)」


ピッコラカナリア、不思議な事にこちらは殆ど割れないですね。
10個ばかし糖度計測しましたがすべて9、美味しいです( ̄▽ ̄)


ぜっぴん!NO.2 (ホントは3つ目、2つ目はお客様の手に)、今日採ろうかなと思ってたんですが、
はやる気持ちをグッと抑えて我慢我慢!


ぜいたくトマト。ええええええ萎れてる…Σ(・□・;)
ECは1.3、PH6、液温25℃、同じ液肥を供給してるフルティカは何ともないのに何でー?
水分が吸えてないのかなと散水したら復活した模様。要検証ですな。


フルティカ。一時は死にかけだったというのに今では一番の元気者。
惜しむらくは棚のスペース割り当てを間違えたというか、既に隣のビニール屋根に迫りつつある事。


後発組のエアルーム5種とぜいたくトマト(土耕)、
ドット穴加工した10リットルのバケツに新しい土で定植。
ヒョロっとしてるけど、しっかりメガネになってます…_| ̄|○



最後にイルディ。本気出してこられた様子( ̄◇ ̄;)








にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

トマトの生育状況 6/17

まずはエアルームの様子からです(・Д・)ノ


左より、BFT1、SM 1、BFT 2、名無し、イルディ、SM 2、Taps

6月の頭頃、生長点が細く、葉が小さくクシュっとなる傾向が全株あって、
それってカルシウムの欠乏症状らしくて、カルシウム剤の葉面散布を増やし、
また、土壌の多湿で根が呼吸出来ていないのでは?とマルチを剥いでみたところ、
Black From Tulaはまたグッと力強くなったのだけれど…


サンマルツァーノ 1、新芽付近。


名無し株、新芽付近。


サンマルツァーノ 2、新芽付近。


黄化葉巻病ですかこれは(苦笑)
サンマルツァーノ 2もどうも怪しい感じですね…
タバココナジラミによる媒介が原因なんだそうですが、コナジラミなんかおったかぁー?
葉を捲ったらピョンピョンするので見落とすとは思わないんだけどなぁ。

余談ですが、『コナジラミは寝込みを襲え!』なんて
テキスト『農家が教える トマトつくり』に書いてありまして、
なんでも夕暮れ時になると、コナジラミ君達は生長点付近に集まって動かなくなるそうでして、
ナスは一所懸命見てたんですが、トマトはチェックが甘かったんでしょうな。


サンマルツァーノ 2、沢山実をつけてくれてるのだけど…

ともあれ、黄化葉巻病を発症すると、手の打ちようがないみたいでして、
せめて収穫、採種でもできないかななんて思うんですが、止めた方が良さげですねー。
後日、引っこ抜いてビニール袋に入れて処理します。


左より、BFT1、SM 1、BFT 2、名無し


左より、名無し、イルディ、SM 2、Taps


Black From Tula 1 第一果、ようやく色づいてきました。


Black From Tula 2、500グラム超えてきそうです。


名無し株、ケロッグスかTapsだと思われます。途中まで地這いさせてたせいで病気っぽい。


土耕イルディ、弱小蕾がたくさん。咲ききれない様子。
初収穫果は糖度5、マズーという結果に。



Taps、今期は乱形果ばかり。


まだ収穫もしてないのに彼是言うのもなんですが、
土壌診断もしないで苦土石灰まいてPH整えておけば何とかなるなんてのがダメなんでしょうな。
葉露のつき方を見る限り、水分が多い訳でも肥料が濃い訳でもなかったように思うんですが、
いや~、エアルーム上手く行ってくんないです。

で、遅れてた苗達はドット穴を開けたダイソーの10リットルバケツに、
60円の培養土/10リットル@ナフコを入れて、時期外れの定植。
今回は最初から雨除けハウスの中に入れての栽培なので、
水切りもしっかりやっていきますが、どうなりますでしょうか。
Japanese Black Trifelleは夏も大丈夫って話なんで期待してるんですが。
DagmaおばちゃんにThanks ! メールが出来るように美味しく生ってくれー(>人<)


左手前よりぜいたくトマト、Great White、Kellogg's Breakfast、
右手前より、Costluto Genovese、Ever Green、Japanese Black Trifelle




水畑という水耕キットなんですが、筐体がプラスチックで出来てるんで、
容易に熱を持ちやすく、従って液温も上がってしまう為、
5月の時点で根腐れ起こさせてしまったんですが、
ありあわせの材料で栽培層拵えて移植したら、死にかけてた千果ちゃんも復活。
イルディは根のいらんとこ千切ったらしく生長点壊死も着果は継続してるようです。


左:千果、右:イルディ


千果の根の様子


イルディの根の様子




後は軒並み好調組の様子ですね。


ぜっぴん!トマト


左:ピッコラカナリア、右:ピッコラルージュ


ぜいたくトマト


フルティカ




上の写真は2日前のですが、
今日撮った写真と見比べるとあからさまに違うのが分かるくらい、日々成長しています。
早く花壇を撤収して、資材をコッチまわしたい!
水耕ぜっぴん!どこに置く?とか葉物もやらなきゃー等などやらなきゃいけない事もたくさん。
すぐれないお天気が恨めしい今日この頃であります。



にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

ぜいたくvsぜっぴん!Round 1、ピッコラカナリアも。


左:ぜいたくトマト、中上:市販のミディトマト、中下:ピッコラカナリア、右:ぜっぴん!トマト

ようやくぜっぴん!トマト上がってきましたんで、
早速、お味はどんなものかチェックしてみます。

同時に上がってきたピッコラカナリアと合わせてご紹介。
スーパーで購入してきたミディトマト(糖度6~7)を基準に試してみました。
まだ1個ずつしか採れてないんで、取り敢えず食べてみた印象だけ。
サラッと読み流してくださいな。





まずはピッコラカナリア。
本年の品種選びをしてた際、色んな方の記録を拝見してて、
やたら高糖度を出してるんで、気になっていた品種です。

ピッコラカナリア

うぅ、写真撮り忘れた…
糖度は9、糖度10超当たり前みたいに想像していたのでいささか物足りないかな。
感想は、『間違いなくトマトの味するけど、殆どみかんでしょコレ(笑)』
今後、この印象が変わらなければレギュラー決定ですな。





お次はぜいたくトマト。

ぜいたく


糖度7.1、140g

朱色がかった鮮やかな赤が目を引きます。 
これは水耕で育てているものですが、
これまで4つ程採れていて糖度7~7.5といったところでしょうか。
もぎたてのを食したら、とても甘くて
「もっと酸味があってもいいんだけどな」なんて言ってたんですが、
一晩冷蔵庫に寝かせたのを食べたら、良い塩梅になっていて(笑)
かけていたラップを外したら、物凄く甘い香りがするんですよ。
もう何にも言うことありません。 このまま沢山出来てほしい!





次はぜっぴん!トマト。

ぜっぴん!


コチラは土耕、プランターで育てたもの、約80gでした。

ぜっぴんというネーミングと感嘆符!があるからにはさぞかし…と期待を寄せつつ、
実際はぜいたくトマトの接ぎ木版なだけじゃないの?と予想してましたが果たして?

ぜいたくトマトの赤の鮮やかさに比べて、コチラはデルモンテさんの説明にあるようにピンク系。
リンゴの赤って感じですね。
見た目で言うなら、ぜいたくの方が好みだなあ。

さて、糖度ですが。
用意はいいですか?





9.8\(◎o◎)/





お味は、ぜいたくトマトのそのまま強化版といった印象ですね。

いや、ちょっとどうしましょう。
まぐれなのか、コレが普通なのでしょうか?
このトマトはbigtomatoさんも栽培されていらっしゃるので、
どういった評価されるかチェックされてください。


ちなみに今、水耕で増産中です。
そちらもどうなるか楽しみ。

まだ半分残ってます。また明日食べてみよう。



にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

トマトの生育状況 6/4 &お知らせ。

トマトの世話するのって、経験が浅いせいもありますが、
知らないことばかりで楽しくって仕方ないって感じなのですが、
ブログの更新ってなんかシッカリまとめようとかするせいで気が重~い。

ウチのブログを読んでくだってる方は皆さん詳しい方ばかりでしょうから、
私がアレコレ間違いだらけの論を述べるよりも、写真があれば充分汲み取ってくださると思うので、
これからはきちんと1週間毎にですな、画像を上げていこうと思うのです。

そんな訳で、ぜっぴん!トマトの様子から。



只今、5段目まで着果確認中です。
ウチに来てからというもの、暴れもせず、トマトトーンなしで着果、成長してたんですが、
3段目の着果を迎えた頃に、隣のパプリカにあげてた住友2号の余りを500mlかけたんですな。
そしたら見事に暴れだして(笑) 
生長点はクリンクリンに&茎はメガネ寸前、1~4段目の咲き遅れた花が落ちる…
なんて感じだったのですが、それからいつもの脇芽放置で対策して、
ようやく収まったかな~というところ。


一番果、色づく。

テキスト(夏秋トマト 栽培マニュアル)参照する限り、低温障害によるケロイド傷なのかなあ?
それ以外の実には特に何も出ていないのでそう思ってるのですが。

bigtomatoさんちでは、中々着果してくれない&唯一が桃太郎サイズに肥大中との事ですが、
ウチでは順調に着果、中々肥大しないという感じでして、
100グラムあるかないかぐらいが精一杯の様子。


次、ピッコラルージュ、ピッコラカナリアの様子です。


順調そのもの。

これにもぜっぴん!と同じタイミングで住友2号与えてるけれども、特に何にもありませんな。
コレ本当はホムセンに展示してあるサントリー株みたいに螺旋状にしたいんですけど、
中々、そうする度胸がなくってっていう。
でも、ミニトマトってイイですよね。放っておいても何にも苦労しないもん。



次、エアルームの様子です。


左: Black From Tula 1、右: サンマルツァーノ 1


Black From Tula


左: Black From Tula 2、右:ケロッグスかTaps(多分)


左: イルディ、右: サンマルツァーノ 2


サンマルツァーノ 2

チャック果らしきもの(Taps)、尻腐れ(サンマルツァーノ)は幾つかでてますが、
早めに見切って摘果、総じて生長点付近の葉が小さく内巻きという感じ。

― 土壌の過湿や未熟堆肥の多肥すると、土壌中の酸素が欠乏して根の活性が悪くなる

とか、第4花房開花頃から急激に樹勢が弱くなるとかが思い当るところでしょうか?
マルチ剥がしたほうが良いのかもしれません。
メガネは収まっているので、数日前に住友2号を株あたり500mlずつ。

現状、サンマルツァーノが1つ、赤化中のみ。
もうそろそろ、皆色づいてきてもよさそうなもんですが、今後1週間でどうなるでしょうか。
なんかなー、大玉触る限り、去年とおんなじ感触なんですよね(苦笑)
水に沈む大玉、どうにかして収穫してみたいもんです。



で、突然なんですが、お知らせがあります。


えー、先日、水耕用ベッドシートを導入したなんて記事を書いたんですけども、
水耕栽培関連アイテムが充実の通販サイト!エコゲリラウェブショップ2を運営されている、
有限会社グリーングリーン様に問い合わせ等行っていたところ、
『ぜひ、トマトの様子を見せてください』とのお話があり、
5/29にご来訪!いただいた際に、
私共の事業やどうして水耕栽培を行っているのかなどお話をしたところ、
ご賛同いただき、なななんと!エコゲリラ液肥の提供をいただいております。

ちゃ~、しまった!写真撮ってないや。
本日より、循環装置の液肥はハイポニカよりエコゲリラさんのに切り替えてあります。


また、提供していただくだけで、コチラは何もしないというのも失礼ですので、
ぜっぴん!トマトをハイポニカとエコゲリラで。というのをやってみよう!と思っているのですが、
どうやってやろう?と企んでいるところ。

できるものなら、私共の詳細を公開してこのブログを見てくださる方々に、
ぜひ役立ていただきたいと思っているのですが、
公開することによって想定されるアレコレに対応しきれるのか等、
社内調整に時間を要する為、随分、先の話になりそうですが、
その日が来ることを願って、トマト栽培に励む事にします。

うわ~、段々話が大きくなってきた(苦笑)
文体改めないとダメですね。がんばろうっと。

成分比較表
※注 上記は肥料取締制度上の表示義務のある保証成分であり、
ハイポニカにも鉄、カルシウム、銅、モリブデンなども含まれているようです。



葉色が濃く、厚めに育つ!
チッソ源が硝酸態チッソのみの某液肥に比べて、
エコゲリラ液肥はアンモニア態チッソも含むため、その効果で葉色が濃くたくましく育ちます。
やわらかい上品なのが好きな方もいらっしゃるので、葉物の場合好みが分かれることもあるかと思います。

葉物、トマトなどの場合、pHが安定!
葉物やトマトを某液肥で栽培すると、pHがひたすら上昇する傾向にありますが、
エコゲリラ液肥ではアンモニア態チッソが素早く吸収されるとともにpHを下げるので、
肥料を投入すると一度pHが下がった後ゆっくりと上昇する傾向になり、安定しやすくなります。
また、別売りでpHダウン剤も用意しております。

カルシウムを多く含む!
組成によっては培養液pHを下げるウリ科植物に対応するため、カルシウムを多く入れています。
また、結実にカルシウムを多く必要とするトマトに対しても、液交換せずに長期間施用しても、
十分対応しています。(カルシウムを増やしたため必然的にチッソも増えています)




ぜいたくトマトやぜっぴん!トマトって、デルモンテアグリさんのHPにも記述がありますが、
尻腐れの出やすい品種ですので、微量要素1.5倍増量は心強い限りです。




にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

循環装置のアレコレ顛末記とトマトの様子。

以前、『水耕栽培2年生が考える巨木トマトの栽培装置』(現在未公開)という記事で、
製作した循環装置を紹介したんですが、
その中でスタイロフォームとシーリング剤で作った栽培層に直接液肥を溜めることのリスクについて、
ICHIパパさんより毒性に気を付けたほうが良いよとアドバイスをいただき、
問い合わせした結果と、それに対しどうしたかの顛末であります。

もう結論から先に言っちゃうと、
マルチやら農ビ等を敷きこむ事で当初、対策しようとしたのですが、
関係各所に問い合わせた結果、耐久性とアオコ対策の為に専用の資材が必要とのことで、、
企業活動の中に取り込む事を見据えて、万全を期して、
エコゲリラさんより、水耕ベッド用シート・幅1000mmを導入したのです。



お値段、なんと17,200円(税込18,576円) (自腹)
100Mもどうするんだよって感じですが(苦笑)

らくらくとか名売っておきながら、申し訳ないですな。
ブログタイトル変えようかと割と本気で悩む今日この頃ですが。

大体、そこまで金出すんならHannaのCombo2買うとか、
ICHIパパさんちの装置をコピーするとか、
そもそも、ウチぐらいの棚ならば、お金を使わずとも、
菜活!さんちみたいに50リットルのトロ箱+エアレーションで済む筈で、
お金を使う必要も全くなかったのですが、
北海道恵庭市にある、「えこりん村」のトマトの森の様子を拝見してて、
規模は違えど、似たようなことができる環境ですので、
折角ですからやってみようかとなった次第。



で、資材到着後、早速敷きこんでと、



5月末の菜園の様子です↓





テーブルとして活用すべく、草丈50~60㎝くらいまで脇芽を摘んでいました。
脇芽を摘んだならば、その分主茎がグッと伸びてくれるはず…
なんて思ってたらそうはいかないみたいっす。
3月末にぜいたくトマトの大苗を手に入れた訳ですが、勿体無い事をしてたんだな多分。



低温障害で一時はもうダメかと思ったフルティカはすっかり元気に。
発砲スチロール板で循環装置を新調してあります。
作ってるとこ写真に収めようと思ってましたが、大変ですな。

で、少しずつではありますが、昨年より1カ月程早く収穫開始となりました。






ちょうどガチャガチャ弄ってる時に
(そういえば、ホース抜けでタンクが空っぽ。根にダメージがなんて事もあった…)
肥大していた実ゆえ、期待はしてませんでしたが、バッチリ水に沈んでました。
ぜいたくトマト : 7.5、7.0 (あま〜い)
フルティカ : 7.0(酸っぱ〜い)、7.8(あま〜い)
と、上々の出来栄え。
目前のカラスにも何故かちょっかい出されず、今のところイイ具合なのです(・ω・)ノ




にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。