らくらく緑化計画。

陽当たりのいい職場の庭を空けたまま使わないなんて勿体無い! なんて言ったところ、成行きで野菜を作る事に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らくらく緑化計画的栽培棚

我が職場には20名程のスタッフがおり、手始めにペットボトル幾つも並べて葉物を作ったりしてみたけれど、
液肥の減り方はマチマチだし、何よりひとつひとつ取り上げて残量を確認するのは面倒なので、


↑一番最初に試したペットボトル式

サブロク板やワンバイ、ツーバイ材とSカン(耐加重18kg/本)を使って棚を作ってみました。







防腐塗料で塗装した後、農ビを敷きこみ。ステンレス管で排水孔を作る。
100均のお茶パックにバーミキュライトを入れたものをセルトレイにセット。
1段に3つトレイが入るから、少し時期をズラして栽培しても部分的に取り出せる。
栽培棚の深さは6cm、養液高さは最大2cm



とりあえずほうれん草。これが限界w
夏場は蒸散するし、冬場は凍るし、雨除けが無いから養液の濃度は保てないし。



じゃ、土でやろう。
またとりあえずほうれん草。
養分の競合があるからもっと株間あけないダメかもね。



それでも駄目なら栽培棚になるよ(苦笑)

うーん、来年の夏はこの栽培棚は循環式水耕装置にするかな。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。